江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


あっちこっち痛くなる

中高年にもなると、会話の中で「あっちこっち痛くなる」「年だから仕方がないね~」などの発言が目立つようになってきます。

これは、若い世代にはあまりピンとこない話なので若い人には関係ないと思われるかもしれませんが、いずれその言葉を発する時がくる可能性は大きいと言えます。

中高年を悩ます慢性痛の大半は、軟部組織の劣化が主な原因です。(軟部組織の代表は筋肉です)

この劣化現象は、誰もが多かれ少なかれ訪れる現象です。

ですから、その劣化に対して何もしなければ確実にじわじわとあなたの体を変えていきます。

では、この劣化はどうすれば防げるのでしょうか?

実は、この劣化現象は進行を遅らせることは出来ても止めることは出来ないんですね。

といいますのも、劣化現象と老化現象が親戚のようなものなので、どうしても加齢に合わせて劣化現象が進んでしまうのです。

しかし、止めることが出来ないといっても、「慢性痛」を引き起こさないレベルにすることはできますのでそこまで悲観する必要はありません。

ただ、それはあくまでも「対処した場合」に限られますので何もしなければ例外なしに先の中高年さんの会話と同じような発言をすることになります。

軽い慢性痛から、重い慢性痛まで、痛みの震源地は「軟部組織」にあります。

しかし、医療機関ではその軟部組織に対してほとんど手を打っていないのが現状です。

理由は、痛みの原因が「骨と軟骨」にあるという考え方を持っているからですね。

だからこそ、変形性膝関節症、変形性脊椎症、変形性股関節症など、骨が変形するから病気になるという発想のもとに病名が付けられることになるのです。

確かに骨は変形しないに越したことはありませんが、あまりにも骨ありきという考え方もどうかと思います。

特に、慢性痛の初期ほど軟部組織の劣化はあまり進んでいない状態です。

この時に正しい治療を行えば、慢性痛が悪化することはありません。

重症な患者さんを施術するときは、この想いが一層強くなります。

「正しい治療を受けていればこんなにも悩まされなくて済んだはずなのに」と。



あやしいなと感じたら早めの手当てを受けましょう。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ