江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


ぎっくり腰に消炎鎮痛剤を使っても効果はない

病院で腰痛を訴えると、必ずと言っていいほど処方されるお薬に「消炎鎮痛剤」というものがあります。

消炎鎮痛剤には、飲み薬または貼り薬という違いはありますが薬の狙いとしては同じです。

しかし、腰痛といっても慢性腰痛の場合はほとんど炎症を伴いませんので、消炎鎮痛剤の有効性はそれほど期待できるものではありません。

では、急性腰痛の場合ではどうでしょうか?

実は急性腰痛にも炎症がかかわっているものとそうでないものがありますので正しい選別が必要です。

急性腰痛の中でも強烈な痛みを発する「ぎっくり腰」。

このぎっくり腰は、炎症がかかわっているのでしょうか?

これは、私の経験上、ほとんどの場合において炎症はないという印象です。

ですから、消炎鎮痛剤を使ったとしても思うような効果はありません。

このぎっくり腰とは、どういった機序で痛みを発しているのかといえば、筋肉の痙攣痛であるということになります。(痙攣による痛みと炎症による痛みは痛みのメカニズムが違う)

筋肉の痙攣痛ですから、筋肉の痙攣が治まれば痛みは治ります。

無治療でも、自然と痙攣が治まれば痛みはよくなりますので経過が見れる方はそのようにしても良いかと思います。(ほとんどのぎっくり腰は自然治癒します)

それでも、一週間以上、痛みが長引いている場合は手当を受けられるといいでしょう。

その方法としては、トリガーポイント注射(麻酔薬)や筋肉を緩める施術が有効になります。

注射が嫌いな方は施術で緩めてもらうのが良いかもしれませんね。

ただし、注意点が一つ。

筋肉が痙攣している場合、緩め方に問題があるとかえって悪くなりますので注意が必要です。

痛みと一言で言っても、痛みは急性痛慢性痛に分類され、そして、慢性痛にもそれぞれの違い、急性痛にもそれぞれの違いがあります。

これを見極めて治療できるのが理想の痛み治療になります。

ただ、患者さんにこれまで処方されていたお薬を拝見すると、その区別はほとんどされていないというのが現実のようです。



痛みの治療は正しくされていない現実があります。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ