江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


あなたが治したいのは「ヘルニア」かそれとも「痛み」か?

椎間板ヘルニアと診断された患者さんは、「ヘルニアを治せば」痛みがよくなるものと洗脳されています。(洗脳という言葉はちょっと過激ですがあえて使わせてください)

その洗脳が正しいものであれば問題はないのですが、問題があるからこそ当院では大きなテーマとして取り上げています。

では、その洗脳を主導している人たちは、その主義主張に沿って行動しているでしょうか?

つまり、それは「ヘルニアを治す」治療は行っているのでしょうか?ということです。

ヘルニアを治す治療とは「手術」のことです。

外科的にヘルニアを切除しない限り、ヘルニアを治すことには当てはまりません。

となると、手術以外の治療は全てヘルニアの存在をそのままにしていることになります。

いわゆる無治療であるということです。

痛み止めを使おうが、神経ブロックを行おうが、リハビリを行おうが、ヘルニアの存在をそのままにしているかぎり無治療と同じです。

なぜなら、痛みの原因は「ヘルニア」にあると診断しているからです。

もし、体にガンが見つかった場合はどうなりますか?

ガンを取り除かない限り、ガンの存在が無くならない限り「治った」ことにはなりませんよね?

病気は違えど、ヘルニアもガンも言っていることは一緒です。

ヘルニアが痛みの原因であると診断する限り、「ヘルニア」の存在をなくさなければいけないはずなのです。

したがって、手術以外の治療は全て「無治療」であることと同じです。

ガンは小さければ、体に何も症状がなくても「切ろう」となるのに「ヘルニア」の場合はそうはなりません。

「ヘルニアが痛みの原因」としておきながら「様子を見よう」とします。

意味が分かりません。

不幸にも、画びょうを踏んでしまって「イテッ」となればその画びょうを取り除くことが痛みをなくすための当たり前の処置です。

それを、「もうちょっと深く刺さるまで様子をみましょう」なんてバカなことをしますか?

しませんよね?

しかし、ヘルニアの場合はそのバカなことをあたかも「正しいこと」のようにして行われているんです。

痛くてもこの程度のヘルニアならそのままにしておきましょうって。

椎間板ヘルニアに対する医療の在り方は本当に無茶苦茶。

何も知らない患者さんがあまりにも不憫です。

患者さんからすれば医師の言葉は絶対です。

その医師が「ヘルニアが原因です」って言っちゃうもんだから、ヘルニアの矛盾に翻弄される患者さんが後を絶たないのです。

あなたが治したいのはヘルニアですか?それとも痛みですか?

ヘルニアを治したいのであれば手術を受けなければヘルニアは治りません。

しかし、「痛み」であれば、たとえヘルニアには何もしなくても治る可能性は十分にあります。

そうです。

「ヘルニアには何もしなくても」です。

当院では、ヘルニアには何もしなくても不思議と「ヘルニアが原因とされた痛み」は改善しています。(本当は不思議でもなんでもないのですが)

「椎間板ヘルニアが痛みの原因である」とするのなら、それをはっきりと証明してこそ医学ではないでしょうか。

昨今、話題になっているSTAP細胞も同じですね。証明されてこその科学ですから。

それが、洗脳する側の責任であると私は思います。



STAP細胞もそうだけど、ヘルニア原因説も証明してほしいです。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ