江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


触れなきゃ分からん!

多くの医療機関において、痛みの原因が見逃されているのは「考え方の違い」だけではありません。

痛みの本当の原因が見逃されている要因の一つに「触診」という項目が挙げられます。(体に触れて調べることです)

この触診という行為は、痛みの原因を調べる上でなくてはならない検査ですが、医療機関で検査と言えば「機械」による検査が主体です。

もちろん、検査機器によって発見できることもありますので、それが悪いというわけではありません。

問題なのは、機械に頼りすぎている検査体制にあることです。

患者さんから話を聞くと「先生から一切体に触れてもらっていない」ことがよくあるようです。

しかし、痛みの主原因になっている「筋肉のトラブル」を改善させるためには体に触れない事には始まりません。

体に触れて筋肉の状態を調べてこそ、痛みの原因である筋肉の施術に取り掛かることが出来るのです。

それが一切行われていないとすると、もちろん正しい治療を行う事も出来ないでしょう。

これは、治療法云々というより、診療の最初の段階でつまづいていることを意味します。

痛みの治療にこうした問題が続く限り、検査機器が発達しようが新薬が開発されようが根本的な解決には結びつきません。

「触れなきゃ分からんですよ!」

患者さんの体に触れれば、私がHPで伝えていることの意味がはっきり分かるはずですなのですが、触診は手間がかかることから診療効率を考えると優先順位が下なのでしょう。

当院では、カウンセリングから検査を含めて施術の前に30分程費やします。

批判を受けている3分診療では何もわからないからですね。

つまり、それほど時間をかけないと患者さんの体は理解できないということです。

ある患者さんが坐骨神経痛で悩まされていました。

私は、体を触診してその痛みの原因が患部とは違う所にあると判断してその部位を施術いたしました。

その施術によって、痛みが緩和したことで患者さんは驚かれていましたが、これも触診をしっかり行えば分かることなのです。

触診はとても大切です。

機械検査が主流の現代から見れば触診は古臭い検査法なのかもしれませんが、痛みの治療にはかなり優れている検査法である、いや、むしろこれがないと治療が成り立たないくらい必須な検査法だと私は実感しています。



治療の基本は触診から始まる

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ