江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


健康人を診れば気づく椎間板ヘルニアの矛盾

椎間板ヘルニアの患者さんは、「痛みの原因はヘルニアが神経を圧迫しているから」という説明を病院で受けています。

となると、痛みのない人にはヘルニアは存在していないと思うのが普通です。

しかし、現実は違うんですよね。

体に痛みが無いにもかかわらずヘルニアになっている人はいます。

じゃあ、なんでこの人たちは痛くないんでしょうか?

答えは、当ホームページでもお伝えしている通り、ヘルニアがそもそも痛みの原因になっていないからでしたね。

通常、病院へお世話になる人というのは、痛みなどの症状を抱えている人たちです。

健康な人がMRIを撮影する機会はほとんどないので、先の矛盾に気づくことが出来ないでいたのです。

ヘルニアと診断された患者さんは、たまたま見つかったということなんです。

「ヘルニアを痛みの原因」と診断する医師に聞いてみたい。

無痛性の椎間板ヘルニアについてはどう解釈するのかと。

椎間板ヘルニアを痛みの原因とするからには、こうした矛盾にも答えられなければいけません。

しかし、私は医学的に納得できる回答に出会ったことは一度もありません。

ほとんどが、医学に無知な人にしか通用しない説明ばかりです。

健康人を診ることで、椎間板ヘルニアに限らず他の整形外科疾患にも同様の矛盾があるのは明らかです。

ただ、それを認めてしまうとこれまでの医療は何だったのかとなってしまうから今更後には引けないということになるのでしょう。

つまりそれは、これから先も「椎間板ヘルニア原因説」はごり押しされることを意味します。

理論的には破綻している「椎間板ヘルニア原因説」

その原因説に翻弄されるのは、何も知らない患者さん達です。

「椎間板ヘルニアと診断された」患者さんたちを診ていると、医療というものがこんな適当でいいんだろうか?とつくづく感じてしまいます。



ヘルニアという形態はあっても病気はない(馬尾症候群は除く)

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ