江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


医療の原点とは?

当院の施術方針が、世間一般の慢性痛治療と大きく違うのは、「患者さんを良くしたい」という思いが結果としてそうなったものです。

「痛みを治すためには何をするべきか?」「何が必要か?」「なぜ痛みが出てしまうのか?」

こうしたことを常に考え模索し試行錯誤を経て現在に至ります。

だからこそ、当院の考え方が世間一般の常識と違った結果になっても全く意に介しませんでした。

論より証拠。百聞は一見にしかず。

机上の空論よりも、現場経験から得た確信に勝るものはありません。

ある意味、多くの医療機関が古い考え方に固執するのが不思議なくらいです。

医学的に破綻している説明をごり押しして患者さんに徳はありますか?

自己肯定のために無茶な説明を無理にでも通さなければいけない医療に意義がありますか?

「医療の原点」とは何でしょう。

患者さんを良くしたいという気持ちがあってこその医療ではないでしょうか?

これは、医療職に就いているものとして当然の考えだと思いますし、そうあるべきだと思っています。

また、患者さんから話を聞くと「患者さん主体」ではなく「経営主体」の医療が少なくないことに驚きを隠せません。

確かに経営は重要です。生活していかなければいけませんからね。

しかし、それは良い医療を施した結果得るもので、それを目的とした医療は医療ではありません。

医療という名の商いです。

患者さんは医学的知識が乏しいので、医療従事者は専門家としてその責務を果たさなければいけないはずです。

ある患者さんから、「知人が整形外科に10年通っているんだけど悪化していくばかりで・・・」と相談を受けました。

患者さんは、体を良くしたいから病院へ通っているのですが、その中身は大変お粗末なもので全く治療の意味をなしていませんでした。(患者さんはそれを治療と思わされているから悲劇です)

このような話が、至る所で存在すること事態、異様なことだとつくづく感じています。



ヒポクラテスの誓いをもう一度!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ