江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


リリカ(神経障害性疼痛治療薬)のような新薬が登場しても・・・

最近は、かなりの確率でリリカの処方が目立つようになりました。(当院は慢性痛専門院なのでその影響もあると思います)

これは、実際に数字にも反映されていて、現在販売されている薬の中でもかなりの勢いで売り上げを伸ばしているようです。

このリリカは、これまでの消炎鎮痛剤と違った作用で痛みを抑えることになりますが、この薬は元々帯状疱疹による神経痛を抑えるものです。

その適応症状を拡げることで、長引く慢性痛にも処方されるようになりました。

ただ、この薬は神経障害性疼痛薬なので、神経に障害がなければ期待するほどの効果は望めません。

ですから、筋肉が原因の痛みにはそれほど効果は望めないのではないでしょうか。

それにしても、消炎鎮痛剤にしろ神経障害性疼痛薬にしろ、どの薬も症状を抑えるだけで根本的に痛みを治すものではありません。

痛みを抑えながら根本治療を行うのなら話も分かりますが、ただひたすら抑え続けるのみです

消炎鎮痛剤は胃が悪くなるし、リリカは別の副作用がありますし、一体いつまで続けるの? 一生? 

私ならそんなのは嫌ですが、薬の仕組みを知らない患者さんは「治ることを期待して」使い続けていると思うのです。

それもそのはず。

患者さんは、薬の治療を「治すためにしている」と思っているからです。

実際は違うんです。治しているわけではありません。抑えるだけです。

ここに「現実」「患者さんの望み」大きなギャップが存在するのです。

この事実を知った患者さんは憤慨しますが、医療というものはほとんどがそういうものです。(症状を抑えるだけの対症療法がメイン)

病気を治したければ、医療(薬)に頼り切っていてはダメだということなんです。

話を戻しますが、最近では、難治性の痛みに「オピオイド系」の薬が処方されることもあります。

オピオイド系は麻薬ですが、痛みを徹底的に抑えようとするとこんな薬まで使わなければいけないのです。

それでも、対症療法である限りゴールは見えてきません。

しかも、多くの病院で行われている慢性痛治療は診断の初めからつまづいています。(詳しくは当HPをご覧ください)

間違った診断に終わりの見えない対症療法。

これで治れば、それこそ自然治癒力のおかげってなもんです。

人間さんが余計な事をしてくれているにもかかわらず、本当に感謝です。(傷に対する消毒治療がまさにこれでしたね)

とにかく薬、何でも薬、飲んで飲んで飲みまくれ!では体は本当に壊れます。

あなたが選択しなければいけないのは、薬(対症療法)ではなく、痛みを根本的に治す治療法です。

根本治療を行っている施設は少ないですが一生懸命探してみて下さい。きっと、見つかるはずです。

当院? ええ、当院もその施設の一つですよ。(^^)



薬が売れれば売れるほど病人が増える医療の矛盾

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ