江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


痛みの改善を妨げる最恐のタッグ

慢性痛というは、本来正しい治療を受けていれば慢性痛になる前の段階で治る可能性の高い症状になります。

しかし、それを妨げているのが「最恐のタッグ」です。

その最恐のタッグとは一体なんでしょうか?

それは、間違った診断ポリシー無き治療です。

間違った診断とは、骨や軟骨の変形が痛みにつながらないにもかかわらず、痛みの原因がそれらにあると診断することです。

医療の素人ならまだしも、専門家の立場でこのようなことを言うわけですから、その後の治療が結果に結びつかないのも無理はありません。

患者さんからすれば、間違った診断を受けているなんて思いもよらないでしょうが、「骨の変形が原因で痛い」「軟骨がすり減っているのが原因で痛い」という診断に医学的根拠はありません。

しかも、診断が間違っているだけならまだしも、その後の治療にもポリシーが無いわけですから「治らない」のも仕方がないのです。

なぜ、ポリシーが無いと言えるのか?

それは、「骨や軟骨が痛みの原因である」と診断しておきながら、その問題を治す治療をしないからです。

骨の変形が痛みの原因であるならば、その変形を治すことが治療だし、軟骨が減っているのが原因であればそれを増やすのが治療です。

しかし、それらの治療を行うことは無く、薬やリハビリで様子を見ようとします。

なぜ、そんなことをするのでしょう?

薬で骨の変形は治りますか? 

リハビリで軟骨のすり減りが治りますか?

ハッキリ言って治りません。

じゃあ、何でそんな治療をするのでしょうか?

私にはわかりません。 それらの治療をしている先生たちに直接聞いてみて下さいね。

私から見れば、それらは治療ではなく、作業です。

ただ、これまでの(業界の)習慣でやっているだけで、患者さんが期待するほどの治療内容では全然ないのです。

患者さんは、何故治療を受けているのに治らないのかと悩まれますが、それはこの「最恐のタッグ」がそれを阻んでいたからなんですね。

しかも、この「最恐のタッグ」は「最恐」に見えないところがまた恐ろしい。

多くの人には「正しい」ものとして映っているわけですからね。

これを最恐と呼ばずして何と呼びましょうか・・・。



正しいと思い込まされたものを直すのは難しい

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ