江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


手術するほどではないってどういうこと?

椎間板ヘルニアと診断された患者さんの中には「手術するほどではない」と言われる方が少なくありません。

でも、これってよくよく考えてみたらおかしなことだと思いませんか?

ヘルニアによって神経が刺激されて痛むのだから、その刺激の原因を除去しないかぎり痛みは治らないはず。

患者さんは、手術が必要ないと知って「ほっ」とするかもしれませんが、現状は何も変わらないことになります。

痛み止めの薬を飲んでも、ブロック注射をしても、ヘルニアが神経を刺激する事実はそのままなのだから痛みが続くのは当然の事です。

痛みの原因を放置したまま様子を見るというのはどういうことでしょうか?

しかも、その指示を出すのはヘルニアを見つけた医師自身です。

ヘルニアをそのまま見逃すということは、ヘルニアが神経を圧迫し続ける事実を容認するということです。

ヘルニアが痛みの原因であると診断しておきながら、そのヘルニアには何もしない。

指にトゲが刺さった場合、そのトゲが小さいからと言ってそのまま放置しますか?

トゲが小さかろうが大きかろうが、刺さっている限りは痛いのだから取り除くのは当たり前でしょう。

それが、ヘルニアになるとなぜそのままにしようとするのか?

よくよく考えてみると、ホント不思議です。

ただ、一つ考えられるのは、「ヘルニアがそのままでも痛みが緩和することがある。」からだと思います。

つまり、手術をしなくても良くなることがあるから、様子を見ようとするのです。

では、なぜヘルニアが神経を圧迫しているにもかかわらず痛みは治るのでしょうか?

実は、この矛盾を追求していくことこそが、ヘルニアの根本解決につながるのにそのような動きはほとんど無い。

医学の進歩は疑問を解決してこそ成り立っていきます。

こんな思考停止状態のままでは時間が過ぎていくだけで現状は何も変わりません。

患者さんは驚くかもしれませんが、椎間板ヘルニアにおける治療はこんないい加減な状態の中で行われているのです。

手術を行うこともある「椎間板ヘルニア」

こんなんでいいの?



こんな治療方針が曖昧な病気は他にはない!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ