江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


腰痛が全くないのに椎間板ヘルニアが見つかった

以前、ある女性から婦人科の検査(MRI検査)をした際に、腰痛をこれまで経験をしたことがないのに椎間板ヘルニアが見つかって不思議な思いをしていたところ、こちらのサイトを見てその理由が分かりましたとメールをいただいたことがあります。

この女性は、「椎間板ヘルニアと痛みは無関係」であるという当院の主張を身をもって経験したわけですが、これは腰痛を経験したことがないからこそ、スムーズにその考え方を受け入れる事が出来たのだと思います。

しかし、痛みを経験している人は同じようにスムーズに受け入れることは中々難しいのではないでしょうか。

その理由は、世間の一般常識では「ヘルニア=痛み」となっていますし、病院からも「ヘルニアが痛みの原因だ」と言われているのですから、それが違うなんて言われて素直に受け入れることは出来ないと思います。

そうした意味も含めて、痛みのない人にもMRI検査をしてみたらいいんじゃないかと私は思うのです。

基本的に、MRI検査を受ける人というのは痛みを患っている人です。

痛くない人には行いません。というより病院に行きません。

これは、統計的にかなり偏りが見られることになります。

それを是正するために、痛みが有る無いにかかわらずMRI検査をしてみたらいいのです。

そうすれば、痛みの原因がヘルニアにあるなんて言えなくなるでしょう。

それくらい、椎間板ヘルニアという病気は定義が曖昧で検査基準もいい加減なものなのです。

ある日から腰が痛くなりました。時には足にも痛みが響く。

では、MRI検査をしましょう。・・・ヘルニアが見つかりました。

あなたの痛みの原因は「椎間板へルニア」です。

と、こんな風にあなたの病名は決定してしまうのです。

この診断に医学的な理由は何もありません。ヘルニアが見つかったから「ヘルニア」と診断されただけです。

この時に、ヘルニアが見つからなければ別の病名が告げられるだけです。

「椎間板ヘルニア」というのは形態を示しているだけで、病的な意味は何も含まなかったはずなのに、そこに意味を持たせてしまったから数々の矛盾に翻弄されてしまうはめになってしまったのです。

最終的にどんな治療法を選択するかは患者さんが決めるべきですが、現状においてはあまりにもその選択肢が偏り過ぎています。

その是正を少しでもと、ここから情報を発信しています。

医学は常に発展途上。過去の歴史を見ても修正を繰り返して今があります。

現代から見ればとんでもない治療でも、当時においては大真面目に行われていた治療が少なくありません。(例:ケガに焼きゴテを当てる)

ですから、今の医療もすべて正しいと思う必要は全くないのです。



今となっては過去でも、その当時にとっては最先端でした。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ