江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


努力の方向性も大事です

脚の痛みに悩まされ、ひどい時には立っていられないほどのしびれにも苦労されていた70代の女性患者さん。

来院当初は、かなりひどい症状でしたが最近ではほとんど気にならないところまで良くなられました。

「こんなに良くなるなんて信じられない」「あの時はもうダメかなと諦めていました」

実は、この患者さんは長年、体のためにとスイミングへ通っていらっしゃいました。

それでも、こうして体を悪くされたことで「運動もしてたのに何で悪くなるの?」と疑問を感じていたそうです。

その後は、整形外科へ通うも「歳のせいです。」なんてことを言われ、リハビリでは「こんなんで治るのかしら?」といった治療内容だったこともあり整形での治療も早々に辞めてしまいました。

近所の鍼灸院にもかかったそうですが、改善の兆しは全くありませんでした。

その後は縁があって、爽快館の施術を受けることになり、今日の改善を得るまでに至りました。

私は患者さんに話しました。

「水泳はかえって体を弱らせる可能性のある運動です。」
「陸上で使う筋肉と水の中で使う筋肉は違います。」
「筋力を維持させるためには日常生活動作以上の筋負荷が必要です。」
「筋肉はパワーだけでなく、しなやかさも重要です。」


特に、水泳が「体を弱らせる可能性のある運動」と聞いて驚かれていました。(心肺機能を高めることは出来ても高齢者に必要な抗重力筋は衰えやすい)

そうなんです。水泳、特にプールの中で歩行されている方はかえって体を衰えさせている可能性が高くなります。

ただ、プール運動というのは病院でも推奨されていますので励んでいらっしゃる方も多いことでしょう。

それが、かえっていけないなんて信じられないかもしれませんね。

確かに運動は必要ですが、私たちは地球という惑星に住む以上、重力との問題を避けて通ることは出来ません。

筋肉や骨は、それ相当の刺激を受けない事には成長することが出来ず、休ませていると衰えていくばかりです。

ですから、プールの中での歩行は体に楽をさせていることにもつながり、やり方によってはマイナスになることもあるのです。

運動はやればいいわけではありません。努力の方向性が間違ってしまうと自分の思い描く結果とかけ離れてしまうことだってあるのです。

特に、痛みを患っている方はこうした点に注意して行う必要があります。

先の患者さんは、努力の方向性を変えていただきました。

すると、施術効果と相まって良い結果を手にすることが出来るようになりました。

あなたの努力の方向性はいかがでしょうか? 

頑張っているにもかかわらず、結果が出ないとお嘆きであればそれは努力の方向性が間違っているのかもしれません。



努力は大切だけど方向性も大事

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ