江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


別の整形外科に通っても治らない理由(江南市・一宮市・小牧市)

「他の整形外科に通っても治りませんでした。」

これは、来院される患者さんからよく耳にするのですが、これにはちゃんとした理由があります。

それは、整形外科というのは基本的にどこも同じような治療をしているので他に変えても治らないことがよくあります。

飲食店でいえば、ファーストフードやチェーン展開されているお店のイメージに近いかもしれません。

なぜ、どこも同じような治療を行うのでしょうか?

それは、「痛みに対する考え方が同じ」であることと、それを治療する方法も「対症療法のみで同じ」だからです。

つまり、見立ても治療法も同じであるということです。

もちろん、薬の種類や注射をする・しない等の違いはありますが、大きな枠組みでは同じなんです。

ですから、治らないからと言って、いくら病院を変えても同じ結果になるのです。

では、そんな状態から結果を変えるためには、痛みの考え方と治療法が違う病院を探さなければいけません。

しかし、そんな病院はほとんどないのが現状です。

患者さんからすれば、それでは困ると思うのですが、それが慢性痛を取り巻く痛み治療の実態なんです。

「痛みを本気で治そうと思っていない。」

これが、治療する側の根源にある限り変わりません。

痛みを本気で治そうと考えているなら、痛みの常識の矛盾に気づくはずだし、対症療法のみで終わることもないはずです。

痛みを本気で治そうと思っていないからこそ、何も変わらないままなのです。

もし、正しい治療が行われているのだとしたら、当院のような施術院は必要ないので存在してないはずです。

しかし、痛み治療の実態があまりにもおそまつだから、ここが都会でないにもかかわらず慢性痛専門院として成り立っているのです。

これは、何も誇張してるとか大げさなことを言っているのではありません。

本当に痛みに悩んでいる患者さんにとっては切実な問題です。

患者さんは、病院へ行けば痛みを治してくれると思っています。

それが違っているなんて誰が想像できるでしょうか。

当院へ来院される患者さんたちは、そういった経緯を歩んできた人たちばかりです。

もちろん、最初から正しい治療を受けていれば痛みも悪化しなくて済んだに違いないでしょう。

これだけ慢性痛に悩む患者さんが多いのは、医療が医療として役立っていないことの裏返しです。(治すという意味で)

「別の整形外科に通っても治らなかった。」

これは、ある意味当然と言えば当然の結果でもあるのです。



痛みの常識と治療法が変わらない限り、いつまでもこの問題は続く。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ