江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


対症療法では越えられない壁

患者さんは病院で痛みの治療を受けていれば、それは治すためにしているものだと思っています。

「そんなの当たり前じゃないですか。」

そりゃそうですよね。そのために治療を受けているんですから。

しかし、実際はそうでないとしたらどう思いますか?

「へっ? 何それ?」

そうですね。普通は、こう思うのが当然だと思うのですが、実際はそんなことがあるんです。

というよりも、このケースの方が断然多いんです。

つまり、治すための治療をしているのではないということです。

これを専門用語で「対症療法」と言います。

実は、現代医療の多くはこの対症療法が主流となっています。

対症療法とは、症状を抑える治療の事を指し、症状の原因そのものを治すわけではありません。

ですから、施す治療が「対症療法」である限り、越えられない壁が存在します。

それは、患者さんが望む「治る」ということです。

患者さんは「治る」ことを期待して治療を受けるわけですが、その治療のほとんどが「治す」治療ではないのです。

症状を抑えるのみなんですね。

じゃあ、その治療は何のために行われているのでしょうか?

ホントに何でしょう??? 私も不思議に思います。

同時に根本療法を行うのなら、対症療法によって症状を軽減させるのは決して悪いことではありません。

根本療法をしないまま、対症療法のみに終始するから問題なのです。

「治療を受けているにもかかわらず治らない。」

これには、こうした理由もあったのです。

私は、このような医療の在り方に疑問を感じて、全く逆のコンセプトである爽快館を開院しました。

最終的に病気(痛み)を治すのは、患者さんの治癒力にかかっています。

ただ、その痛みを治すためには何をしたらよいのか患者さんは分からないので、その方向を示す役割として専門家(治療家)がいるわけです。

あなたの担当する先生は、その方向性を示してくれていますか?



選ぶべきは根本療法

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ