江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


ゴールが見えないのはスタートが間違っているから

椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
変形性股関節症
脊椎分離症
脊椎すべり症
変形性膝関節症
腰痛症
坐骨神経痛 など

どの病名も、病院で治療を受けているにもかかわらずゴールが見えてこないものばかり。

なぜ、治療を受けているのに良くならないのでしょうか?

それは、治療のスタート段階に誤りがあるからです。

肝心の最初で間違っていたら、ゴールが見えてこないのは当然のこと。

では、そのスタート段階の誤りとはなんだと思いますか?

それは、病名を付けるための診断が正しいものではなかったということです。

普通はここで「えっ!?」ってなると思いますよね?

「診断が間違っているなんてあるの?」、通常はこのように思うはず。

「しかも、こんなにたくさんの病名が間違われているなんて信じられない・・・。」

確かに、こう思うのも当然です。

普通ならあり得ないことですからね。

しかし、普通ならあり得ない、いや、あってはならないことが現実には起きているのです。

その現実こそが、慢性痛に悩まされ続ける患者さんの数に反映されているのです。

なぜ、こんなことが起きているのでしょうか?

それは、痛みを診断するうえで、間違った解釈を正しいものとして定着させてしまったからです。

その間違いとは、痛みの原因を目に見えるものにあるとしてしまったところです。

目に見えるとは、骨の変形や軟骨のすり減り、背骨の狭窄など画像で確認できるものです。

確かに、視覚から訴えられるものにはインパクトがあります。

その形状が標準から外れていれば、誰だって「それが原因だ」となってしまうのは分かる気がします。

しかし、専門家が一般の人と同じ間違いをしては困ります。

確かに困るんですが、現実にその問題が起きているんです。

それが、慢性痛治療の根底に大きな問題として根付いているのです。(こうした問題をほとんどの人は気づいていない)

スタートが間違っていたら、その後の結果が芳しくないのはむしろ自然なこと。

治療を受けているにもかかわらず治らないのは、治療法の間違いというよりも、そもそも病気を診断する基準が間違っていたわけですから、そこを訂正しない限りこの問題は無くならないのです。



治すべき痛みの原因は画像で見えないところにある!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ