江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


変形性股関節症が進行していく理由

変形性股関節症は、最終的に手術が必要とされる確率が高い病気です。

それは、初期の段階で見つかっても結局は末期にまで至る事を意味します。

しかし、それは本当でしょうか?

最近では、インターネットの普及からか、いわゆる初期の段階で来院される患者さんの割合が増えております。

その患者さんたちが言われるのは決まって、

「病院では何もしてくれない」でした。

確かにそうかもしれません。

いずれ、手術が必要な末期が訪れるとしても、現在は末期ではないので手術も差し迫って必要ではないと判断されます。

ただ、手術が必要でないと判断された場合、病院では何をしてくれるのでしょうか?

痛み止め?リハビリ?筋トレ?

場合によっては、経過観察のみで何もしてくれないことも少なくありません。(痛くて悩んでいるから頼っているのに・・・。)

これはつまり「進行を止めるための治療」が存在していないのと同じなんですね。

仮に、股関節痛(変形性股関節症)を早期に発見できたとしても、経過観察しかしてこなかったので結局は末期まで悪化させていた可能性が非常に高いのです。

私は、変形性股関節症が末期にまで至ってしまうのは、こうした事情があるからだと予測しています。

そこで、当院が提唱している「新しい保存療法」を「経過観察という名の無治療」と置き換えたらどうなるでしょうか。

大胆な予想をさせていただくと、かなりの確率で「末期」になる可能性が低くなるのではないかとみています。

もちろん、そのためには「筋肉を健康にする継続努力」を患者さんにもしていただかなければいけません。

治療を受けるだけで良しという事ではないのですね。

しかし、私はその努力は期待を裏切らないと思っています。

そして、経過観察でただ悪化を待つより、その後の予後は断然いいはずです。

変形性股関節症が進行していくのは、決して「病気だけのせい」ではなかったんです。

盲点となっていた医療側の問題でもあったのです。

そのためにも、股関節痛の常識が変わらなければ、この流れはいつまで経っても変わらないまま。

一人でも多くの人に、股関節痛治療の新たな可能性を知っていただきたいものです。



股関節痛の進行は止められる

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ