江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


1年で1%の恐怖

成長期を過ぎた後は、体は少しずつ衰えていきます。

中でも、筋肉は1年で1%の割合で落ちていくそうです。

つまり、高齢になると筋力が若いころと比べて約半分になっていることが当然のように起きるわけです。

「よっこらしょ」「どっこいしょ」

立ち上がるときに、思わず踏ん張ってしまうのは、この筋力の衰えを補おうとするからですね。

基本的な日常生活では、大きな筋力は必要としません。大抵のことは少ない筋力で生活できます。

必要としないからこそ、徐々に低下しても気付かないし危機感も生じることはないでしょう。

ただ、何となく衰えてきたなと漠然に思うぐらいです。

実は、この徐々にだけど確実に衰えてくる筋力はその後の生活を一変させます。

それくらい、老後の生活にとって大変重要な要素になるのですが、反面そこまで重要視もされておりません。

以前読んだ書籍で、若い時に片足スクワットが出来ない人は、高齢になると両足でも体を支えることが困難になると記載されていました。

これは、あながち嘘ではないでしょう。

高齢者には、転倒による事故が多いですがこれは何故でしょうか?

答えは、下肢の筋力の衰えが顕著だからですね。

もちろん、とっさに行動が取れないことも原因ですが、要するに足の踏ん張りがきかないのです。
(つまずいた時は片足で全体重を受け止める必要がある)

両足で、やっと支えている状態の筋力ではいつ転倒してもおかしくないのです。

筋力の衰えを防ぐには、筋肉を鍛えるしか方法はありません。

しかし、昨今の便利な社会は体の衰えを助長させています。

体は楽をすれば、その分衰えを加速させてしまいます。

ただ、筋肉は幸いなことに、何歳からでも鍛えればその分強化されます。(100歳でもOK)

当院に隣接している「布袋トップジム」でも、そうした危機感を持った中高年の方が、ウェートトレーニングに励んでいます。

多くの人は、トレーニングは若い人がするものだと思っていますが、むしろ中高年こそトレーニングが必要です。

ただし、筋肉はやみくもに鍛えれば良いというわけではないので、しっかりとサポートをしてもらいながら行うと良いでしょう。

痛みのある人は、場合によっては優先順位が変わりますので、自己判断で行わないようにしてくださいね。



爽快館では筋肉のトータルケアに力を入れています。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ