江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


いずれ手術になるでしょう。って本当?

股関節痛を病院で診てもらうと、関節の変形が強ければすぐに手術が勧められ、変形の程度が軽くても「いずれ手術」と言われることがほとんどです。

つまり、股関節に痛みがある限り、変形の程度にかかわらず「手術」が最終的に待っていることになります。

ちなみに、当院へ来院された患者さんは、ほとんどの方がこうした診断を受けています。

医師からすれば手術を勧めることは日常的になっているので「手術」という言葉に抵抗はありません。

しかし、患者さんの立場からすれば一大事になります。

頭の中も不安でいっぱいです。

医師から言われた「手術」という言葉に、将来の見通しが一気に暗くなってしまうこともあるでしょう。

ですから、本当は安易に「手術」なんて言葉を使用しないほうがいいのですが、股関節痛=手術という図式があるからこそ、そうなってしまっているんだと思います。

では、現実問題として股関節痛を抱えているすべての人が手術を受けなければいけないのでしょうか?

答えはNOですね。断然NOです。

手術が必要と診断された患者さんでも、当院の施術によって痛みが改善されたということは、股関節痛を抱えているからといって、必ずしも手術を受けなければいけないことではないのです。

こうしたことから、手術ありきの股関節治療は大きく変わるべき時期が来ているのではないでしょうか。

「骨が変形しているから痛い」「軟骨が減っているから痛い」

このような説明を多くの人が受けているわけですが、どちらの場合も医学的根拠のない話です。

一般の人が言っているのならともかく、専門家が一般の人に向けて言うわけですから、ある意味怖いことです。

専門家の立場で間違ったことを伝えているわけですからね。

もちろん、それはワザとではなく、間違っていることを正しいと信じての行動です。

これって、悲劇以外のなにものでもないです。

当院の患者さんからこんな意見をもらうことがあります。

「整形外科ってこんなんでいいんですか?」と。

もちろん、このままで良いはずがありませんね。

良くないからこそ、このような啓蒙活動が必要になってくるんです。



当院では「いずれ手術」という言葉の呪縛を解き放ちます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ