江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


痛みを治すためには痛みに焦点を当てないこと

慢性痛を治すためには「痛みに焦点を当てない」ことが大切です。

「えっ?痛みを治すために、痛みに焦点を当てないってどういうこと?」
「痛みを治すためには必要なんじゃないの?」

はい。痛みを治すために、多くの人はどうしても痛みに焦点を当ててしまいがちですが、痛みにこだわり過ぎるのは良くないんです。

これは、どういうことかと言いますと、医療機関で行われている治療が、まさに痛みに焦点を当てた治療になります。

痛みは「悪」だから、その痛みを止めてしまおう、感じなくしてしまおうとして薬を使って痛みを抑え込むわけです。

しかし、「痛み」そのものは、体に異常が起きていますよという信号なので、その信号を抑えたところで痛みの原因が治ったわけではありません。

薬の効果が切れれば痛みは再発します。当然ですね。

その痛みを、さらに強い薬で抑えこもうとするのは最早得策とは言えません。

では、薬で痛みを抑えないとしたら、どうすれば良いのでしょうか?

はい、答えは単純明快。痛みが出ている原因を治せば良いのです。

痛みは結果であり原因ではありません。

ですから、結果である痛みに焦点を当てたところで解決にはつながらなかったのです。

当てるべきは原因なんですね。

そう。慢性痛の原因である、筋肉のトラブルに焦点を当てるべきなのです。

痛みは、筋肉のトラブルによって発生しているのだから、筋肉を正常にすれば良いわけです。

筋肉が正常(健康)になれば、自然と痛みは治まります。

ですから、痛みに焦点を当てる必要はありません。

私がひたすら行っている施術も、その筋肉を健康にするためのものです。

痛みを治す事にこだわるからこそ、痛みに焦点を当てないでいるのです。



何に焦点を当てるかが肝心。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ