江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


余計なことをしなければ治る

「積極的無治療」

あえて、治療法に名前を付けるとしたら、このような名称が適当かもしれません。

ところで、積極的無治療とは何の治療に対して用いられるのでしょうか。

それは、アトピー性皮膚炎などの慢性湿疹に対してです。

現代医療では、治療と称した治癒の妨げ行為がさも正しいことのようにして行われています。

もちろん、これは今だからこそ、このように結論できるのですが、以前はこのような発想は出来ませんでした。

普通は、治療を受けるのが当たり前で、何もしない方がいいなんて思いつくはずもありませんからね。

だからこそ、それに気づかない多くの人は、現在進行形でかえって悪化するかもしれない治療を正しい治療と信じて受けているのです。

「積極的治療」と「積極的治療」とでは治そうとする趣旨は同じですが、中身は全く違います。

前者はこれまで通り治療を受けて治そうとするもの、後者は治そうとするためにあえて何もしないのですから全然違いますね。

しかし、多くの人は普通は病院に(連れて)行き、薬なりなんなりと治療を受けなければ不安になります。

いや、治療をしてもらわなければ「納得」できるはずがありません。

そうです。私たちの頭の中は「何かの治療」をしてもらってこそ治療だと思っているので、その中に「積極的無治療」という選択肢はあるはずがないのです。

恐らく、積極的無治療の趣旨を説明してもらっても、納得できる人はかなり少ないんじゃないかと思います。

でもこれって、すごい大きな違いなんですよ。

アトピーの現実を知ると、「あぁ医療が余計なことをしてきたんだな」と、気づきますからね。

そして、そうした仕組みを本当に理解できると「何てことだー!」と、頭の中ではリフレインしますから。

ただ、数はものすごい少ないですが、積極的無治療を取り入れている医師もいますから、そうした医師を頼られるとよいと思います。

昨今は、乳児でさえもステロイドを使うようになりました。

私はこの光景に一抹の不安を感じずにはいられません。

アトピーの正体って、結局は医療だけでなく、現代人が余計なことをし過ぎた。

これに尽きるんです。(アトピーがほとんどなかった時代を見習えば分かります)

余計なことは何もしない。これが、アトピーを治す本当の意味での治療なんだと私は感じています。



医療が治癒を妨げていることもある

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ