江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


痛みは脳で感じているが、

例えば、腰痛という痛みについて。

これは、腰に異常があることを神経を通して腰から脳に伝え、脳がその信号をキャッチして痛みと認識します。

つまり、腰や首、膝などに痛みがあったとしても、最終的には脳がそれを判断し痛み感覚として私たちに伝えています。

ですから、脳の働き方によって痛みの感じ方に差が出てくることがあります。

具体的には、楽しいことや何かに集中している時は、痛みも感じにくくなります。

反対に、ネガティブな思考が続いたりストレスを強く感じている時は、痛みの感じ方も強くなります。

こうした痛みの特性から、痛みの治療は多角的に捉える必要があります。

もちろん、脳で痛みを感じるからと言って現場(患部)をおろそかにしていいかと言えばそうではありません。

現場は現場で手当てが必要です。

痛みの信号を発信しているのは現場ですからね。

ただ、痛みにはこうした側面があるので、現場の手当てだけでは上手くいかないこともあると知っておくと良いと思います。

特に、慢性痛については、慢性痛特有のパターンに陥りやすい特徴があります。

それは、いつも脳が痛みを感じていると、痛みを感じるセンサーが敏感に働きやすくなるということです。

つまり、最初はの痛みなのに、長期間続くことでレベルとしては同じにもかかわらず、脳がと感じてしまうことです。

慢性痛に詳しい先生は、こうしたことを考慮して「痛みを止める処置」つまり、痛みを早期に止める治療を行います。

鎮痛剤の使用ですね。

場合によっては、抗鬱剤を一緒に使うこともあります。

一見、これらの処置は正しいように思いますが、やはり、現場の状態がそのままだといくら鎮痛剤を使用したところで根本的な解決にはつながりません。

やはり、薬物治療の前に「原因はどこにあるのか」を把握することが一番重要です。

そして、原因を治療しながら痛みを抑えれば、脳は必要以上に痛みを認識しなくて済むようになりますから、より質の高い治療につながるのではないでしょうか。



初期に行われる治療が今後の生活を左右する

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ