江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


なぜ、運動療法を勧めるの?

腰痛、膝痛、股関節痛などに、運動療法を勧めることが多々あります。

冷静に考えて、なぜ運動療法を勧めるのでしょうか?

もちろん、最初の診断時に「筋肉のコリが痛みの原因です。」「筋肉の拘縮が痛みの原因です。」など、筋肉由来の診断をしていれば問題はありません。

しかし、実際の診療現場では、筋肉が痛みの原因になっていると診断する例は非常にない。

特に、関節痛は変形性疾患(骨の変形・軟骨のすり減りが痛みの原因)と診断する例が圧倒的に多いです。

では、なぜその変形性疾患に運動療法を勧めるのでしょう?

あなたも病院で運動療法を勧められたことはありませんか?

骨の変形が痛みの原因であるならば、骨の変形を治すことが治療なはず。

運動療法を行っても、骨の変形が改善するはずがありません。

運動療法を行っても、すり減った軟骨は元に戻りません。


それにもかかわらず、運動療法を勧めるわけとは?

仮に、この運動療法で痛みが改善した場合はどうでしょうか。

中には、そうした事例もあるはず。

それって、冷静に考えてみればおかしくないですか?

骨の形は何も変わっていないのに、痛みが改善したってことは、骨の変形が原因じゃなかったってことです。

この時点で、診断は間違っていたことになるはずです。

しかし、この点についておかしいと思わないのはなぜか?

これまでの診断法を改めようとしないのはなぜか?

私は、いつも不思議に思います。

患者さんサイドからすれば、痛みが良くなれば何だっていいとは思いますが、医療行為を行う側がそれではちょっとまずい。

ある意味、一貫性が無い治療を行っていることになりますからね。

そして、一貫性に乏しい治療を行っているからこそ、よくならない患者さんが大勢いるのです。



その運動療法は何のため?

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ