江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


変形性股関節症は初期でも安心できない理由とは?

大抵の場合において、体の検査を行って病気が初期の段階で見つかることはいいことです。

早めに対処ができますからね。

しかし、変形性股関節症(股関節痛)の場合はそうではありません。

たとえ、「初期の状態ですよ」と言われたとしても安心できません。

それは、なぜでしょうか?

その理由は、股関節痛の悪化を止められないからです。(本当はそうではないのですが詳細は後述します)

股関節痛の原因は、骨や軟骨の変形によるものとされているのが整形外科での常識です。

しかし、現段階において、変形の進行を止める手段がないので、初期から末期へと移行するまでただ黙って見守るしかありません。

「足に負担をかけないように」「重いものは持たないように」と、アドバイスされることはあってもそれ以上のものはありません。

中には、リハビリが指示されることもありますが、手術以外の方法は気休め程度の認識。

ですから、初期で見つかっても、それ以上の悪化を食い止める治療はないのが現状なのです。

しかし、本当は違います。

食い止める方法は存在します。

ただし、それは骨の変形を防ぐという意味ではなく、痛みの悪化を防ぐという意味です。

骨の変形=痛みではないことは、HPやブログでもお伝えしている通り。

骨の変形が痛みの原因としているから、悪化を防ぐ治療法がないだけ。

股関節痛の原因を「筋肉」にあるとするなら痛みの悪化を防ぐ方法はあります。

ただし、この方法は整形外科では行われていません。

その理由は、股関節痛の原因は「骨と軟骨」にあると定義しているので、そもそも「筋肉」を治療するという考えが無いからです。

そのことによって、整形外科では肝心な筋肉は無治療のため、股関節痛の悪化をただ見過ごしていることになります。

一応、痛み止めの薬やリハビリなど治療らしきことはされますが、やらないよりはマシかな?といった程度。

本当に効果があれば、大半の患者さんは手術を受けずに済んだはず。

それが、病院に通い続けているにもかかわらず、結局は手術を受けたということは、それが答えだということです。

これが、変形性股関節症が初期の段階で見つかっても安心できない理由です。

患者さんの立場からすれば、初期の段階で見つかったのなら、そこで食い止めておきたい、もしくは治したいと願うはず。

しかし、患者さんの想いとは裏腹に、偏った診方が原因で股関節痛の進行を見逃し、結果的に末期状態になっているなんて皮肉な話だと思いませんか?



初期であればあるほど筋肉の治療が功を奏する

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ