江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


虫垂炎は手術で治るが椎間板ヘルニアが手術で治らないのはなぜ?

虫垂炎(いわゆる盲腸)を手術で治療した後に、痛みで悩んでいる人を見たことはありますか?

また、そのような話を聞いたことはありますか?

「いいえ、ありません。」

こんな答えが返ってくるはずです。実際、私も聞いたことは一度もありません。

これは、手術をしたことで痛みの原因を取り除き、そのことによって治るからですね。

しかし、椎間板ヘルニアの場合は違います

「手術をしたけど治らなかった。」

こんな話を聞いた人は大勢います

あなたも聞いたことはあると思います。

当院に来院される患者さんからも多く聞きます。

なぜ、そんな違いがあるのでしょうか?

虫垂炎の手術と同じように、痛みの原因を取り除いているにもかかわらず、なぜヘルニアの場合は治らないのでしょうか?

実は、これには理由があって「ヘルニアが痛みの原因ではなかった」からです。

虫垂炎は、虫垂(盲腸)そのものに痛みの原因があった

しかし、椎間板ヘルニアはヘルニア自体が痛みの原因ではなかったのです。

痛みの原因ではないものを取り除いたところで意味はありません。

ですから、ヘルニアの手術で痛みが治らなかったなんてことは当たり前のように起きるのです。

でも、中には手術を受けて良くなった人がいることも事実。

この理由については、HPに詳しく記載してありますのでそちらをご覧ください。ちゃんとしたカラクリがあります。

そもそも、椎間板ヘルニアに関しては病気の定義が間違っているのですから「手術を受けても治らない」方が自然だったのです。

ただ、世間一般では「椎間板ヘルニアのカラクリ」を知っている人はごくわずか。

カラクリさえ知れば、「なぁ~んだそんなことか」と思えるぐらい単純なことなんですが、それに気付けないから混乱を招いているのです。

手品もタネを知るまでは不思議で仕方ないけど、タネを知ってしまえば「そうなっているのね」と、もやもやがすっきりします。

ヘルニアもそれに似たようなものなんです。



理屈が分かればヘルニアなんて怖くありません。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ