江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


骨に変形が無くても安心できない股関節痛とは?

「骨に異常はありません。」

股関節痛に悩む患者さんの中には、レントゲンの結果、医師からこのように言われる方もいます。

では、骨に変形が無いから安心できるのかといえばそうではありません。

むしろ、骨に変形が無いにもかかわらず痛みがあることに注意しなければなりません。

また、骨に変形が無いと、こうした患者さんは医師から「軽症」であると認識されてしまいます。

しかし、本当は違います。

骨に変形が無いからといって、病気の重症度が「軽い」とは決して言えません。

当院の基準では、重症のカテゴリーに入る場合もあります。

当院では、股関節痛を診る上で重要視しているのは「関節可動域」です。

この関節可動域が広いか狭いかで、股関節痛の改善スピードが変わってくるので指標としてはとても重要です。

医療の常識とされている「骨」の状態は参考程度に見るだけ。

大事なのは、可動域にも関わっている筋肉のコンディションなのです。

股関節は、大きい関節なので関節包や靭帯など、筋肉以外にも可動域にかかわる重要な軟部組織がたくさんあります。

当然、可動域が狭ければこれらの組織にも悪影響が出ていることは考えられます。

「股関節」というと、一般的には「骨と軟骨だけ」に目が行きがちですが、関節を構成しているのは「骨と軟骨だけ」ではありません。

レントゲンには写らない他の組織も股関節を構成している立派な組織です。

ですから、骨に変形が無くても可動域が狭いということは、レントゲンには写らないこれらの組織が「正常ではない証拠」なので安心できるわけではないのです。

基本的に、ほとんどの医療機関では筋肉をはじめとする軟部組織の治療は行っておりません。

このことによって「骨に変形が無い股関節痛患者さん」は、適切な治療を受ける機会を失っているのが現状です。

そして、股関節痛が悪化していく要因の一つには、機会損失を出している医療側の責任もあるのです。

「股関節が痛い」しかし、病院では問題ないと言われた。

こんな状態に悩んでいる方は、一日でも早く筋肉の手当てを受けられる事をお勧めします。



骨に変形が無くても安心できない

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ