江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


坐骨神経痛ほどいい加減な病名はない

腰から足にかけての痛みを病院で診てもらうと「坐骨神経痛です。」と診断される患者さんは多い。

では、この診断は何を根拠にされていると思いますか?

普通なら、しっかり検査を行って診断されていると思うはずです。が・・・。

実は、ほとんどの場合において根拠はありません。

ただ、患者さんが「腰から足にかけて痛みがある」と訴えれば坐骨神経痛になります。(検査で異常が見つからない場合は特に)

診断の根拠は、医学的な見地から判断したのではなく、ただ患者さんがそう訴えているからそうなっているのです。

その理由は、坐骨神経痛と病名をつけるための医学的根拠がそもそも存在しないからです。

患者さんが訴えたものに対して、もっともらしい病名をつけた。これに尽きます。

一応、形式的に検査などは行われますが原因は分からないというのが本音だと思います。(椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と一見正しいと思われる説明もありますがこれもいい加減なものです)

ですから、「坐骨神経痛です。」と診断されたら、まず適切な治療を受けられる可能性は低いと思った方が良いでしょう。

なぜなら、その痛みの原因が分かっていないのだから、治療の施しようが無いからです。

だからこそ、痛み止めだけの処置だったり、牽引で引っ張ってみたり、電気を当てたりと一貫性のない治療がまかり通っているのです。
(統一された治療手段が存在しない)

しかも、患者さんはこういった事情を知らないので、提供された治療を正しい治療と思って受けているはずです。

しかし、実態はこんなんだから、治療を受けているにもかかわらず治らないということが当たり前のように起きています。

もちろん、中には良くなる人もいるでしょう。

でも、それは、治療のおかげではなくて「自然治癒力」のおかげで、たまたま治る時期が偶然に重なっていたというオチです。

患者 「昨日からお腹が痛いです。」

先生 「それは腹痛ですね。」と診断しているのと同じなんです。坐骨神経痛という症状名は。



病名を付けても治療が出来なきゃ意味がない

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ