江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


NHKスペシャル「腰痛治療革命」続き

7月12日に放送された腰痛治療革命の内容は、長引く腰痛の原因は脳にあり「腰」そのものには問題がないという印象を持たせるものでした。

私はこれを見て、この番組構成では誤解を生じてしまうのではないかと思いました。

それは、腰痛といっても結局は気持ちの問題として片づけられてしまうという恐れです。

確かに、脳の機能による問題で痛みを増幅してる事実は存在すると思います。

しかし、だからといって脳だけに問題があると結論してしまうのは言い過ぎではないかと思うのです。

番組では、「腰そのものは治っている」と表現していましたが、筋肉を直接触れている私としては決してそうは思えません。

腰そのもの(筋肉)に問題があって、慢性痛につながっているケースもあります。

基本的に、手技による筋肉治療をしているドクターはほとんどいないので、そこに気付けていないのではないでしょうか。

実際に、番組では腰痛を取り上げておりましたが、慢性痛は腰のみに発生しているわけではありません。

首、背中、股関節、ひざなど他の部位にも生じている問題です。

筋肉の問題は、触診をすれば分かります。可動域を調べれば分かります。

そうすれば、物理的に筋肉に問題があると分かるはずです。

そうした問題をクリアーしない限り、番組で紹介されていた認知行動療法の良さは発揮できないことでしょう。

番組で寝たきり状態になっていた女性は、ぎっくり腰がきっかけだったと言っていました。

これは何を意味しているのかというと、腰の筋肉のコンディションがぎっくり腰を起こしやすい条件になっていたということです。

つまり、慢性痛になる以前に、腰の筋肉そのものに問題があったということなのです。

そして、この女性の筋肉のコンディションは現在も回復していないだろうと予想されます。

また、痛みに対する恐怖も脳の活動を低下させることにつながり、まさに悪循環を引き起こしていると考えられるのです。

認知行動療法の取り組みそのものは素晴らしいと思います。

しかし、筋肉の問題がそのままでは思うような結果が出ないケースも存在すると、私は自らの経験を通して感じています。



脳と一緒に筋肉も治せばもっとよくなる!

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ