江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


股関節痛は適切な治療が受けられない痛みの代表格

■股関節痛の治療にお悩みのあなたへ
【愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館】

ある股関節痛患者さんの話から。

この患者さんは、股関節に大変な痛みを抱えていましたが、手術を勧められることはありませんでした。

その理由は、レントゲン上で股関節(骨と軟骨)に変形がなかったため「問題なし」と診断されていたからです。

しかし、問題なしと診断されたところで痛みが良くなるわけでもなく辛いのは変わりません。

治療は、痛み止めの薬が出されるくらいで、変わらない状況に落胆を重ねる毎日でした。

その後、他に方法はないものかとインターネットで調べて当院へ来院され、その結果痛みは良くなりました。

結果的に、この患者さんは良くなったのでいいのですが、仮に変形があった場合はどうでしょうか。

恐らく、手術を勧められ、場合によってはその手術を受けていた可能性も高いのではないでしょうか?

痛くてつらいのは骨と軟骨にあると説明され、手術をすれば良くなりますよと言われれば心もそちらに傾きます。

現に、同じシチュエーションで手術を受けた人は多くいると思います。

この患者さんは、変形が無かったから勧められはしませんでしたが、変形がある場合はそうではありません。

手術ありきの方向で話が進むはずです。

そうです。現行の股関節痛治療は手術を前提としています。

このことから、私は股関節痛は適切な治療がされない痛みの代表格であると常々感じています。

手術前提で話が進むのですから、現段階において手術をすぐに必要としない患者さんは、いわゆる「放置状態」となんら変わりありません。

そして、何年もの間放置され結果的に痛みは悪化して手術となるのです。

私が思うに、手術という結果の背景には痛みを放置していた医療側にも責任があると思っています。

なぜなら、患者さんは初期の段階で治療を受けていたにもかかわらず、治療という名ばかりの「放置」の結果、手術に至っているからです。

股関節痛には筋肉の問題が大きく関わっています。

しかし、残念なことに筋肉の治療をされることはほとんどありません。

手術以外の治療といっても、痛み止めの薬、筋トレ、電気治療、シップ。

どれも、筋肉の問題解決には意味のないものばかり。

このことが、放置であるのと同じで股関節痛を進行させる要因となっているのです。

「灯台下暗し」

股関節痛は、このことわざがピッタリと当てはまるくらい見落としの影響が大きい症状なのです。

もっと詳しく知りたい方は股関節痛の原因をクリックしてください。



見ようとしなければ見えるものも見えない

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ