江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


温感シップは体を温めない

■シップの選択に悩んでしまうあなたへ【愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館】

「慢性痛には体を温めるといいですよ。」

「それなら温感シップはいいですか?」

このような会話は結構多い。

温感シップ」と、わざわざ名前がついていますから勘違いしてしまうのでしょう。

しかし、実際は温める作用はありません。

これは、紛らわしいですね。

温感シップは、貼り付け面にカプサイシン(唐辛子の成分)が塗布してありますから、貼った所はカッカするかもしれませんが、薬の中身は普通のシップと同じです。

普通のシップを冷感シップと呼ぶこともよくありますが、これも冷やしているわけではありません。

シップの貼り付け面にメントールが塗布してありますから、これが清涼感を与えるので「冷たいように」感じさせているのです。

この感覚を「効いてる」と感じる人も結構いますが、心理面以上の働きはありません。

温感シップも冷感シップも、どちらも消炎鎮痛剤です。

なんか騙されたような気分ですが、どちらも作用としては同じ薬なのです。

したがいまして、長引く慢性痛にはどちらのシップも適さないことになります。

その理由は、消炎鎮痛剤は血管の拡張を抑える働きを持つからです。
(血管の拡張を抑えたら血流に影響する)

当院では、貼るならシップより「貼るカイロ」を推奨しています。

貼るカイロであれば、物理的に温めますから慢性痛には適していると思います。

ただし、患部を温めるだけでは筋肉のコリは解消できませんので、筋肉のゆるめを並行して行いましょう。



シップは貼れば貼るほど治癒を遠ざけます

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ