江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


「骨」だけ見ているから痛みの原因が見えない

■骨が痛みの原因と言われたあなたへ【愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館】

あなたが病院で痛みを訴えた時、どんな検査をしてもらいましたか?

おそらく、ほとんどの方が「レントゲン」を撮られているのではないでしょうか?

では、レントゲンには何が写っていましたか?

「骨」ですよね。

では、人間の体は骨だけで出来ていますか?

違いますよね。

皮膚や血管、筋肉など、レントゲンには写らないものは他にもあります。

であれば、これらの組織も検査する必要があっていいと思いませんか?

しかし、実際はレントゲンのみで終わることも多い。

なぜ、骨だけ調べて他を調べようとしないのでしょうか?

単純に考えてみれば、骨以外の検査もしたっていいはずです。

それにもかかわらず、実際は「骨」のみが大半です。

場合によっては、MRIなどで軟骨の状態を調べることはあります。

それでも、体全体から見れば軟骨も体の一部に過ぎません。

なぜ、このようなことになっているのでしょうか?

それは、痛みの原因は「骨」にあるという間違った考え方が根強くあるからです。

確かに、レントゲンを撮影することで骨折や骨肉種といった「骨そのものに問題」が見つかる場合もありますので、レントゲン検査が必要ないというわけではありません。

しかし、痛みの全体像から見れば、骨自体の問題が多いわけではないことも確かです。(:骨の変形は問題として扱いません)

それならば、残りの痛みについて、もっと調べる必要があるのではないでしょうか?

慢性痛の検査は、レントゲンやMRIによる検査に偏り過ぎていて、それらの機械に写せない体の問題はスルーされています。

私の経験上、慢性痛の主要因は「筋肉」にあります。

しかし、残念なことに、筋肉が検査されることは特殊な例を除いてほとんどありません。

このように、慢性痛治療にとって大事な筋肉がスルーされているわけですから、慢性痛に悩まされる患者さんが一向に減らないのです。



慢性痛治療の問題は検査だけではありません。 次回に続く…

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ