江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


本能に従うと関節痛は悪化します

■関節痛を治す秘訣とは【愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館】

関節痛は本能に従うと基本的に悪化していきます。

それを食い止めるのが医療の役割なのですが、その医療が悪化を促していることも少なくありません。

あなたが長年、病院へ通院しているにもかかわらず悪化しているようでしたら、ちょっと通院を考えた方がいいかもしれません。

なぜ、このようなことになっているのでしょうか?

それは、関節痛の本当の原因を理解していない&改善法を知らないからです。

「えっ?改善法を知らない!?」

そうです。

患者さんは、病院へ行けば痛みを「治してくれる」と思っていますが、肝心の病院でそれが行われることはほとんどありません。

なぜなら、真の原因を見逃しているうえに病院は「根本治療」を行うところではなく「対症療法」を行うところだからです。※対症療法は症状を治すのではなく抑えるのみ。

しかも、肝心なアドバイスも間違っていることが多々あります。

本来なら、客観的な判断を下さなければいけないのに、間違った判断をしているところがあるのです。

その判断の中で多いのは「動かさないようにアドバイスすること」です。

関節は一旦動かさなくなりますと、どんどん拘縮していきます。(硬くなる)

関節がさらに硬くなれば、もっと不自由になりますし痛みも治ることはありません。

ですから、これだけ多くの病院がありながらも一向に関節痛患者さんが減っていかないのはこうした理由があるからです。

私はそんな患者さんをたくさん施術してきました。

もっと早い段階で来られていたら、こんなにも苦しまなくて済んだはずなのにと思うこともあります。

そして、患者さんから話を聞いて「これはひどいなぁ」と思ったのは、

「数年後には手術だからそれまで耐えててください。」
「その間、痛かったら痛み止めを飲んで我慢してください。」


これって、言われた方からすればたまらんですよ。

なにが悲しくて、このまま何年も耐え続けなきゃならんの。

「今すぐこの痛みを何とかしてくれ~!」

私ならこう思います。

これも関節痛の特性を全く理解していないのが原因です。

関節痛は「骨と軟骨」が痛みを出しているのではありません。

そして、

「シップを貼り続けるだけでは悪化は防げません」
「温めるだけでは悪化は防げません」
「注射を打つだけでは悪化は防げません」
「サポーターを巻くだけでは悪化は防げません」
「健康食品を飲んでも悪化は防げません」

関節痛を改善させるためには、もう一歩二歩と踏み込んだ手当てが必要です。

場合によっては、その手当てに痛みを伴うこともあります。

これは、あえて痛みを受け入れないと先に進めないこともあるというわけです。

本能に従うと、これが出来ません。

そして、患者さんも一人で実行していくことは難しいでしょう。

必ずサポートが必要です。

そのためには、サポートする側が関節痛の特性を理解していなければならないのです。



関節痛を治すコツは常識に縛られないところにある

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ