江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


筋トレをして良い人と悪い人

■腰痛体操で腰痛が悪化する理由とは?【愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館】

筋トレって、トレーニングジムだけでなく、整形外科のリハビリでも勧められていますよね。

でも、この筋トレでかえって痛みが悪化してしまうことがあるのをご存知でしょうか。

当院へ来院される方にも同様のケースが度々あります。

本来なら、筋トレをして筋肉がつけば痛みが楽になると思われていたのに現実はその反対になることもある。

筋肉がつくどころか、それ自体行うことが困難なくらいまで痛みが出てしまうこともあるのです。

これは何故でしょうか?

それは、筋トレをしていけないタイミングで始めてしまったからです。

今回は、この筋トレについてお話していこうと思います。

実は、筋トレをして良い人と悪い人がいます。

それを分ける大きなポイントは、

「慢性痛を抱えているか抱えていないかの違いです。」

基本的に、慢性痛を抱えている人は筋トレをしてはいけません。

「え~!私は病院で筋トレを勧められましたよ~。」

そうですね、整形外科では筋トレが勧められることがよくありますよね。

残念なことに、整形外科にかかっている患者さんは筋トレをするのは基本的にNGなんです。

なぜなら、整形外科でリハビリを受ける人って「痛みを抱えている人」だからです。

ただし!

慢性痛の特性を理解した上での筋トレ指導でしたらOKです。

しかし、残念なことに慢性痛の特性を理解している施設が断然少ないので通常はNGとなります。

あなたも経験したことはありませんか?

勧められた筋トレを頑張ったら、かえって痛みがひどくなってしまったと。

そうです。

これがまさに筋トレをするべきタイミングではないときに始めたため痛みを引き寄せてしまったというわけです。

業界の常識ではまことしやかに、

「痛みを抱えているのは筋力不足が原因」という説が浸透しています。

また、関節疾患であれば、

「筋肉を鍛えて関節(骨と軟骨)を保護する」という対処法が浸透しています。

もちろん、この両者、全てが間違っているわけではありませんが、筋トレの運用のされ方をみていると全く考慮されていないことがよく分かりますので、間違った考えであると思っていただいて差支えないでしょう。

筋トレをしてもよい人は患部に痛みの無い人です。
(痛みを誘発しない筋トレを知っている先生の指導なら可)

筋トレは筋肉が健康でこそ成り立ちます。

慢性痛を抱えた筋肉は筋トレをしてはいけないのです。

まずは、筋肉の病気を治すことから始めなければいけません。

筋トレは二の次です。

慢性痛は、筋肉を鍛えるだけで治るほど単純なものではありません。

特に、腰痛股関節痛は整形外科で勧める筋トレメニューで悪化する可能性が高いですので注意が必要です。(痛みが改善した後で再発予防のために筋トレをするのは何ら問題はありません。)

ひどいところだと、痛みが悪化しているにもかかわらず「それは筋トレの量が足りないから」と筋トレをもっと推してくるところもあります。

これはとんでもないことです。

下手したら、一気に悪化する可能性だってあります。

もし仮に、筋トレを頑張っているはずなのに痛みが悪化しているようでしたら即中止してくださいね。



鍛えて治そうとするのではなく癒して治そう

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ