江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


車のシートは腰痛製造機!?

■車に乗っていると腰が痛い【愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館】

車のシートって、基本的にどんな車種でも「腰」に悪い構造をしています。

元々、座るという行為自体が腰に負担を掛ける姿勢なのに車のシートはさらに拍車をかけています。

どんな所が負担かと言いますと座面の傾きです。

お尻の位置から膝の方にかけてゆるやかな坂になっています。

座面の高さがシートの先に向けて高くなっているのです。

この姿勢ですと普通の椅子より腰が余計に丸くなります。

運転中はハンドルを握りますから腰がさらに丸くなります。

この姿勢を長時間続ければ続けるほど、腰の筋肉は伸張されたまま硬くなっていくでしょう。

筋内血流も低下して腰痛を招きやすくなります。

こうした姿勢を毎日何時間もしていたら筋肉の質は徐々に低下していきます。

すると、慢性腰痛の出来上がりです。

その反面、車から降りたときに背筋を伸ばすと気持ちがいいですよね。
(本当は伸ばしているのではなく縮めているんですが)

これは、筋肉がリセットされるから気持ちいいのですが、長時間座らなければいけない状態だとこれが出来ません。

オフィスチェアでは、こうした腰の問題に焦点を当てた商品が多くあります。

しかし、車のシートはほとんど同じです。

車のシートって、何でこんな構造になっているのでしょうか?

何かそうでもしなきゃいけない理由でもあるのかな?

では、乗り手として、少しでも負担を軽減するにはどうしたらよいのでしょうか?

それは、ランバーサポートを使うことです。

腰当てですね。

クッションのようなものを腰に当てて腰が丸くなるのを防ぐのです。

こうすることで、多少は腰の負担を軽減することができます。

腰痛持ちの人にお勧めです。

もちろん、腰痛が無い人にも予防になりますのでお勧めです。

カー用品店なら専用のクッションが売っていますのでお店をのぞいてみるのもいいですね。

ちなみに、ソファーに座る姿勢も腰にはあまりよくありません。

この場合も腰当てを使われると良いでしょう。



腰痛は車の普及と共に増加した!?

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ