江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


変形性股関節症の常識が変わる!

■変形性股関節症の新しい常識【愛知県江南市の慢性痛専門整体院-爽快館】

先日、患者さんからこんな報告を頂きました。

整形外科で変形性股関節症の進行具合を診てもらったある日のこと、

「あれ?何かされました?」と、担当の医師が尋ねられたそうです。

なぜ、こんなことを聞かれたかというと、通常は骨の変形が進行していくはずなのに「骨の変形がストップ」しているからです。

その現象に医師は不思議がっていましたが、これには患者さんもビックリ。

嬉しさのあまり、すぐにお電話で報告したいぐらいとおっしゃられていました。
(股関節症は進行性なので将来は人工関節が必要と診断されている)

この質問を受けて患者さんがすぐに、

「整体を受けています。」と答えたら、その医師はどんな反応をしたでしょうか。

私もそれは知りたかったですが、そうとは答えられませんでした。

なぜなら、本当は整体を受けていると言いたかったのですが、その前に

「股関節の痛みと筋肉は関係していますか?」「歩き方は影響しますか?」

と、医師に尋ねたところ、

「筋肉は全く関係ない。」「歩き方も関係ない。どんな歩き方でもいい。」

という返答があったため、整体を受けていると言ったところで理解されるか分からなかったので言わなかったそうなのです。

担当の先生は、何気ない返答によってその答えを知るきっかけを失ってしまったというわけです。

ずう~っと、頭の中でモヤモヤしていることでしょう。

骨の変形がストップしているという事実。

変形性股関節症の常識とは違う現象が起きているわけですが、私の立場からすれば決してありえないことではないと思っています。

なぜなら、「骨の変形はそのままなのに痛みが改善する」という事実もあるからです。

世間の常識と同じことをしていたら当たり前な結果しか生まれません。

常識とは全く違う方法で取り組んでいるからこそ、常識と全く違う結果が生まれるのです。

ですから、骨の変形がストップするという普通では考えられない現象が起きても何ら不思議ではないのです。



ストップ・ザ・骨の変形

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ