江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


痛みにフォーカスしない、健康な体作りにフォーカスしよう

愛知県江南市の慢性痛専門整体院‐爽快館の岩田です。

今回は

患者さんは何にフォーカスするべきか

についての記事になります。

痛みは、つい気になるけど


慢性痛を治すうえで大事なのは体に必要なことを地道に続けていくこと

これが王道の方法です。

何かをすればすぐに治る、何かを飲めばすぐに治る。

ゴッドハンドに全てお任せすればすぐに治る。

そんなものは期待しない方がいいです。

しかし、世の中を見渡せばそそられる広告文であなたを惑わすものばかり。

そりゃあ、誰だって楽に結果を出したいに決まってる。

苦労しないで済むならその方がいいですからね。

でも、それらに手を出して望む結果が手に入ったことは皆無であることは皆さんが証明しています。

もしかしたら、あなたも経験あり!?

そして、何事もどの分野も結果を出している人は例外なしに努力しています。

そうです。簡単に手に入るものなら誰だって最初から苦労しません。

手に入らないものだから「必要なこと」に目を向けて続けていかなければならないのです。

慢性痛は基本的に痛みの程度に差があれど、毎日続くものです。

ですから、どうしても目先の痛みを気にしてしまう。

では、気にするとどうなってしまうのでしょうか?

それは、あなたの行動が知らず知らずのうちに痛みをかえって引き寄せる行動を取ってしまうのです。

例えばどんな行動かといえば、かばう動作のことです。

痛みをかばうのは動物的本能なので仕方がない部分はあります。

しかし、かばう動作が頻回になったり大きくなることが続くと、その影響は徐々に筋肉に表れ始めます

すると、最初の痛みに合わせて二次的な痛みが加味されてくるようになります。

関節であれば関節拘縮が徐々に進んでいきます。

それが慢性痛が悪化する仕組みになります。

では、この状況を回避するにはどうしたらよいのでしょうか?

それは、痛みそのものに気を取られるのではなく、健康な体(筋肉)作りに目を向けることです。

痛みはこれまでの行動の結果です。

その行動を変えることで結果である痛みを変化させることができます。

つまり、慢性痛を治すための正しい行動を日々重ねていくことで筋肉が健康な状態に戻ることを目指すのです。

筋肉が健康改善されれば痛みは自然と出なくなります。

しかし、痛みにフォーカスすると痛みを引き寄せる行動を取ってしまいがちになります。

だからこそ、だからこそ(大事なことなので二回言いました)、

痛みを抱えたまま、感じたままでいいから、行動を変えていくのです

慢性痛を治すために必要な行動を。



毎日の行動に目を向けてコツコツ頑張りましょう!

更新

<< 前の記事

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ