江南市・一宮市でヘルニア/坐骨神経痛/股関節痛は慢性痛専門整体の爽快館にお任せ!

慢性痛専門整体 爽快館


あなたの関節痛が悪化していく理由

関節痛に悩むあなたへ

  • 股関節が痛くて靴下がはけない
  • 膝が痛くて正座が出来ない
  • 膝の裏が痛くて伸ばせない
  • 肩の関節が痛くて腕が上げられない

hizaita.jpg
関節痛って辛いですよね。

あなたは上記のような悩みはありませんか?

そして、徐々に悪化していることはありませんか?

では、なぜ関節痛は徐々に悪化していくのでしょうか?

これについて深く考えたことありますか?

また、関節痛は関節の「何が」痛いと思いますか?

実は、関節痛が悪化する理由や関節の何が痛いのか、その仕組みを知っている患者さんはほとんどいません。

これは、関節痛を治療する専門家自身がその仕組みを知らないので患者さんは教えてもらっていないからです。

だから、多くの患者さんは整形外科で関節痛の治療を受けているにもかかわらず、結局悪化が止まらない状況に陥っています。

病院での治療の最終手段に手術がありますが、これで解決できなかった患者さんもいらっしゃいます。

あなたには、そんな状況に陥ってほしくないので、このブログをしっかりご覧になって関節痛の改善に取り組んでください。

まず、関節痛とは何が痛むのか?

この問いに対して専門家ですら間違った回答をしています。

それは、骨と軟骨が関節痛の原因であるということ。

これは、生理学の原則を無視した間違った解釈です。

骨や軟骨には痛みを感じる神経はないので痛いという説明は間違いです。

では、骨や軟骨が痛みの原因でないとしたら何が原因なのでしょう?

それは関節を構成しているその他の組織です。

代表的なものは筋肉(筋膜)です。

関節拘縮が進んでいると関節包にも影響しています。

この筋肉と関節包が関節痛の主な痛みの原因です。

つまり、筋肉と関節包が健全な状態ではないということです。

これが関節痛を引き起こしている要因です。

では、関節痛が悪化していくのは何がどうなっているのでしょうか?

これも、ほとんどの医療機関では間違った解釈がされています。

骨の変形が進んでいるとか軟骨がすり減っているとか…。

体重、年齢、筋力不足…。

ぜ~んぶ、決定的な理由ではありません。

答えは、あなた自身にあります。

え?あなた自身?

そう、あなた自身です。あなた自身で悪化させていたのです。

正確には、あなたは知らず知らずの内に悪化させていたということになります。

関節痛が悪化した経験がある方にお聞きします。

痛めた関節は痛みが無い時と比べて同じように使っていましたか?

使っていませんよね? というより、痛いから使えなかったですよね?

体の柔軟性というのは、あなたが痛い、痛くないにかかわらず「使ったように」変化します。

つまり、関節が痛くなかった時と比べて痛い時の方が使われている量が少なくなるはずです。

これが、24時間、毎日繰り返されます。

この状態が続くと関節はどうなると思いますか?

よく動くようになると思いますか?

逆ですよね?

徐々に動かせなくなります。

そうです。この動かなさいという毎日の行動が関節痛をさらに悪化させる要因になっているのです。

最初は痛くてもそこそこ動かせていた。

しかし、徐々に使わなくなるようになって関節が硬くなっていったのです。

関節がさらに硬くなれば痛みはどうなりますか?

もっと痛みを感じやすくなりますよね?

そうなると、もっと使えなくなりませんか?

これが関節拘縮が進んでいく(関節痛が悪化する)最大の原因なのです。

「骨や軟骨が変形しているから動かせない」というのは末期じゃない限り原因にはなりません。

この「何が原因なのか」という大事なところが誤解されているので、ほとんどの関節痛患者さんは悪化を余儀なくされているのです。

この仕組みを知らずして関節痛を治すことはできません。

しかも、悪化させているのはあなた自身の日々の行動の中にあるので、症状が悪化している人ほどそこを変えていかなければなりません。

私が口を酸っぱくして生活習慣の重要性を説いているのはその為です。

関節痛は施術と合わせて生活習慣の取り組みによって改善が達成できます。

毎日、そこにどれだけ意識が向くか、気付くことができるか。

コツコツ頑張りましょう。

gatu.jpg


痛くても動かすのがポイントです

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

慢性痛専門整体 爽快館のご案内

住      所:
〒483-8146 愛知県江南市布袋下山町西6
アクセス:
名鉄犬山線 布袋駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
0587-56-8080
受付時間:
【午前】8:00~12:00
【午後】14:00~18:00
【早朝】6:30~8:00
※早朝予約も受け付けています。
定休日:
日曜・祝祭日
※月・木曜日は午前のみの営業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ